腸活
腸活
腸の表面は約4日で生まれ変わる

【連載第3弾】「腸」の不思議

注目を集めている腸ですが、人間の体にはまだまだ解明されていないことが多く、腸もそれは同じでわからないことがたくさんあります。
調べれば調べるほどに日々、興味深い事実に驚かされ、本当によくできた臓器であることを実感し、人間の体の素晴らしさを強く感じています。
今回は腸にまつわる不思議についてご説明させて頂きます。

辻典子先生

監修:辻典子先生

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 免疫恒常性研究特別チーム長 上級主任研究員/農学博士

1985年 東京大学農学部農芸化学科卒業
1987年 同大学院修士課程修了、同年 農林水産省畜産試験場研究員
1995年 東京大学大学院農学生命科学研究科にて博士号取得、同年 米国Yale大学School of Medicine博士研究員
1997年 農林水産省家畜衛生試験場 主任研究員
2001年 農業生物資源研究所 主任研究員
2005年 産業技術総合研究所 年齢軸生命工学研究センター免疫恒常性チーム リーダー
2010年 同 バイオメディカル研究部門主任研究員
2015年 同 上級主任研究員、免疫恒常性研究特別チーム長

常在微生物や食物など腸内の環境成分に適応した免疫修飾と免疫恒常性の維持のしくみを明らかにすることで、免疫向上及び健康な身体づくりの技術的なサポートに取り組んでいる。

2021年1月現在

腸年齢は実年齢ではない

皆さんが関心を持たれている免疫応答能力は、加齢のほか、乱れた食生活や、過労、ストレスで腸のバリア機能が低下することでそこなわれます。年を重ねることで免疫機能は減弱するものですが、年齢だけですべてがきまるわけではありません。つまり腸内の状態から判断する「腸年齢」といわれる数字は、生まれてからの経過年数だけではきまりません。腸を良い状態に保てば保つほど「腸年齢」も若く保たれ、免疫機能も良好に保つことができると考えられています。そこで重要になってくるのが、食生活です。善玉菌とよばれるからだによいはたらきをしてくれる腸内細菌や発酵食品に含まれる微生物は、自然免疫のレセプターにはたらきかけ、免疫システムを活性化してくれます。そして腸のバリア機能も高まります。善玉菌の栄養になる野菜や発酵食品を積極的に食生活に取り入れることは大事です。腸年齢が高い方も今日から自然免疫の高まる食生活を考えて実行したり、体を温めることで、改善がはかれます。

腸は実は広い

大腸と小腸は、皮膚面積の約200倍、テニスコート分ほどの広さがあります。体の中で最も長い臓器ともいわれ、約6メートルもある小腸では、主に栄養が吸収されます。大腸は1.5メートルほどあり、小腸で吸収されなかった水分を吸収し、食べ物の残りかすの分解が、腸内細菌によって行われています。細胞の表面をよく見ると栄養をたくさんキャッチできるように、表面積が広がった構造になっています。栄養を摂りこみやすいように、絨毛(じゅうもう)という無数の突起があり、やわらかい粘膜で栄養を絡めとりやすくなっており、絨毛を通って腸の中の血管に栄養を送ります。

腸のターンオーバーは約4日

腸の上皮細胞は日々、生まれ変わります。腸は体の中にあるとはいえ、外と繋がっており口から入る異物と接しています。そのような、常に危険と隣り合わせの状態にも関わらず、柔らかい組織でできているため、病原菌など外からのストレスで腸管バリアが壊れてしまわないように、新陳代謝を行うことでバリア機能を維持しています。上皮細胞を日々生まれ変わらせることで、異物による細胞の炎症やがん化を防いで病気を回避しているのですね。この新しい細胞に生まれ変わるサイクルをターンオーバーといいます。よく外環境と接しているお肌のターンオーバーは話題になりますが、お肌のターンオーバーは約28日。それに比べ腸のターンオーバーは約4日ほどですので、腸がいかに体を守るためにせっせと頑張ってくれているのかがよくわかりますね。

正常なターンオーバーが肝

便秘やストレス、不規則で偏った食事、過度な喫煙や飲酒、加齢といった原因で腸の不調は誰にでも起こり得るものですが、栄養不足や腸内細菌の乱れでターンオーバーがうまくいかなくなると、腸炎や大腸がんなどの病気のリスクも高まります。上皮細胞を健康な状態に保ち、ターンオーバーをしっかりさせ炎症を防ぐことはとても重要なことです。腸内のターンオーバーを正常化することは、腸年齢の若返りにも繋がりますので、皆さん食生活をはじめとする生活習慣をあらためて振り返ってみてください。

腸には栄養がたくさん必要

腸がテニスコートぐらい広いとお伝えしましたが、例えば実際に芝状のテニスコートを4日おきにあなたが常にキレイな芝の状態に保たなければいけないと想像したらいかがでしょうか?縦20メートル、横10メートルほどもある広さの芝を、自分の手で張替えようとすると、相当な労力がかかりますよね。腸がターンオーバーを行う為には、よほどのエネルギーが必要だということがおわかり頂けると思います。新しい細胞をつくりだすためにもたくさんの栄養が必要となります。腸の上皮細胞の主なエネルギー源のひとつは「酪酸」などの短鎖脂肪酸。酪酸菌が代謝産物(食物繊維など餌を食べたあと要らなくなったもの)として出す「酪酸」をはじめ、善玉菌のチカラをうまく借りて、腸管バリアのターンオーバーを促すことが得策です。

善玉菌を意識したバランスのとれた食事で、頑張る腸を応援しましょう。善玉菌を意識したバランスのとれた食事で、頑張る腸を応援しましょう。