腸活
腸活
小腸と大腸のWケアが必須

【連載第4弾】「小腸」と「大腸」は役割が違う

食べ物は口から食べ、胃で消化され、腸まで届き、やがて排泄されます。
この一連の流れの中で、特に昨今注目を浴びているのが「腸」です。
腸と一口にいっても、小腸と大腸ではそれぞれ働きが違いますが、皆さんはどのぐらいその違いをご存知でしょうか?
腸は知れば知るほど奥の深い臓器ですので、面白いですよ。

辻典子先生

監修:辻典子先生

十文字学園女子大学 人間生活学部 食品開発学科 教授 /
日本大学医学部 微生物学分野 客員教授/農学博士

1985年 東京大学農学部農芸化学科卒業
1987年 同大学院修士課程修了、同年 農林水産省畜産試験場研究員
1995年 東京大学大学院農学生命科学研究科にて博士号取得、同年 米国Yale大学School of Medicine博士研究員
1997年 農林水産省家畜衛生試験場 主任研究員
2001年 農業生物資源研究所 主任研究員
2005年 産業技術総合研究所 年齢軸生命工学研究センター免疫恒常性チーム リーダー
2010年 同 バイオメディカル研究部門主任研究員
2015年 同 上級主任研究員、免疫恒常性研究特別チーム長
2021年より現職

常在微生物や食物など腸内の環境成分に適応した免疫修飾と免疫恒常性の維持のしくみを明らかにすることで、免疫向上及び健康な身体づくりの技術的なサポートに取り組んでいる。

2021年5月現在

小腸は免疫を高める大事な部位

腸では栄養の吸収を小腸が主に行っています。吸収のほかに、小腸には免疫細胞がたくさん集まっているので、免疫と深い関係にあるのが小腸の大きな特徴でもあります。免疫細胞の活動は、2つの部隊にわかれており、基本的なパトロール部隊「自然免疫」と精鋭部隊「獲得免疫」がパトロールを行っています。一度体内に入ったインフルエンザ等の強力なウイルスに対して「抗体」や「細胞傷害性T細胞(CTL)」という武器を作ってくれるのは精鋭部隊である「獲得免疫」によるものです。この精鋭部隊「獲得免疫」が高度な敵に対してうまく力を発揮できるように、基本パトロール部隊の「自然免疫」は常に自分達で勝負できる異物と戦い、大事に至らぬようにしっかり支えてくれています。2つの部隊が共に機能し、私達は守られています。

乳酸菌が小腸の免疫力を底上げ

基本パトロール部隊「自然免疫」のパワーの底上げをしてくれるのが、「腸内細菌」です。小腸に生息する乳酸菌などの腸内細菌が「自然免疫レセプター」という免疫に関係するスイッチを押してくれます。スイッチを押すことによってバリア機能が働く為、自分の腸内細菌を大事にするとともに、乳酸菌をはじめとする善玉菌を毎日小腸に送り込むことが免疫力をアップさせるポイントになります。また、善玉菌が働いてくれることで栄養の吸収もよくなります。

大腸は便を形づくるところ

大腸は、小腸で栄養を吸収した後に水分を吸収したり、残りカスで便の形を作り排泄するところになります。大腸内はほとんど空気(酸素)がない為、空気がなくても生きられる菌である酪酸菌やビフィズス菌などがたくさんいます。それらの菌は「酪酸」「酢酸」といった「短鎖脂肪酸」をたくさん作り、腸内環境を保つことで注目されています。短鎖脂肪酸は、大腸の上皮細胞のエネルギー源にもなるので、細胞が元気にしっかり働くことで、腸内の水分調整がしっかり行われ、腸のぜん動運動(腸で便を押し出す動き)も盛んになる効果があります。

酪酸菌が下痢や便秘を左右する

下痢は、水分調整がうまくいっておらず、水分がたくさん残った状態の便です。水分バランスを調整することで、良い便が出やすくなります。便秘の場合は、水分が不足していたり、腸のぜん動運動がうまく機能しておらず、便がスムーズに押し出されていない状態です。どちらの場合も善玉菌の割合を増やし、菌のバランスを正常に保つことで解決ができます。不調が出ている方は、大腸に生息する酪酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌を足してあげることで腸内を良い状態に保つことができます。

ほんとは怖い、大腸の不調

快便は健康のバロメーターといわれているように、いかに要らないものを早く外に出せるのかは、健康を維持するためにとても重要なポイントです。便がスムーズにでない場合、悪玉菌が増殖して発がん物質、アンモニア、硫化水素といった有害なものを作りだしてしまいます。腸は栄養だけでなく、有害物質をも腸壁から吸収し、血液中をめぐることで肌荒れや様々な病気を引き起こします。また、腸には気持ちや感情に作用する神経細胞も多いため、イライラや抑うつといったマイナス感情も引き起こしかねません。たかが便秘と思うことなく、体にとって有害な老廃物をできるだけ早く外に出すように善玉菌の力を借りましょう。

腸は温めてあげると活発に

外気が寒くなると体がちぢこまり動きが鈍るように、腸の細胞も冷えていると血液がうまく行きわたらず活発な動きが抑制されてしまいます。それゆえ、冷たい飲み物を頻繁に摂取するのではなく、常温のものや温かい飲み物を心掛けることが大切です。身体を暖かく保つことで、小腸では栄養の吸収が高まったり、免疫細胞(自然免疫・獲得免疫)が活発になってくれることで免疫応当能力が安定化します。大腸ではぜん動運動が活発になります。
日本人が昔から食事のたびに食してきたお味噌汁というレシピは、乳酸菌、酵母、麹菌が含まれ、腸内細菌のエサとなる食物繊維等の栄養もとれて、さらに腸を温めてくれる素晴らしい食文化ですね。

小腸で活躍する乳酸菌、大腸で活躍する酪酸菌等の摂取で、小腸・大腸のWケアを!小腸で活躍する乳酸菌、大腸で活躍する酪酸菌等の摂取で、小腸・大腸のWケアを!